開運行動を徹底的に実践して、大金持ちを目指す行動日記

辺境の書架

漫画のレビュー

こんな友達嫌だ!トモダチゲーム1巻 レビュー(ネタバレあり)

更新日:

トモダチゲーム・・・やばい!
きっかけは、電子書籍の無料キャンペーン。
最近多いですよね!一巻無料!と言って、アリ地獄に引きづり込むパターン。å

どうせ流行りのグロとかエロのデスゲームでしょ?!
なんて思っていたら、してやられました。

一気に5巻まで読んでしまったので、
忘備録兼ねてレビューしていきたいと思います。

ネタバレしてるので、バレが嫌な方は戻るボタンを押してね。

トモダチゲーム一巻 ざっとあらすじ(ネタバレ有)

みんなは仲良し

新聞配達やバイトで修学旅行の資金を捻出しようとする爽やか青年、友一君。
友達一番!!と言い切る清々しいオープニングです。

友一の大事な友達は、

おぼっちゃまの四部、
姉御肌の志法、
秀才の美笠、
引っ込み思案のゆとり。

この5人の平凡な日常が、ある出来事をきっかけに一変します。

それは。。。

修学旅行の費用が一クラス分、丸々盗まれまれた!
というツッコミどころ満載の事件です。

普通、200万もの現金を生徒に管理させないでしょ?!という話は置いておいて。

お金の管理をしていたのは友一の大事な友達、志法と四部でした。
犯人はこのクラスにいる!

名乗り出て欲しいと担任は言うけど、出るわけありません。
クラス中が疑心暗鬼に包まれます。

その日の深夜・・・造花の内職(どんだけ働くんだ!)をしている友一に手紙が。
差出人は志法。
待ち合わせに駆けつけると、そこには志法だけではなく、他の友人も揃っていました。

おかしいと気がついた瞬間・・・!

スタンガンが5人を襲い、拉致されてしまいます。

友情と借金

目覚めたそこは、無機質な部屋。
昔の映画、CUBEを思い出させますね。
で、この手の漫画にお約束のナビゲート役、不気味なマスコットキャラ、マナブくんが登場。

トモダチの中の誰か一人がした、2000万円の借金のカタに友一らが拉致された事を暴露。
1ゲームクリアすると200万だからクリアして返せと無茶振りし始めます。

ではトモダチゲーム全体の概要を整理しましょう。

●ゲームの参加を希望したのは、トモダチの誰か。
●参加費は200万円。(盗まれた修学旅行費)
●参加しなかったら、参加費は返却しない。

借金は誰かがそのまま背負うことになる。

●参加した場合、借金は400万円づつ背負うことになる。
●ゲームオーバーになった場合、残った借金はそれぞれのもの。

・・・という、巻き添えになったトモダチには何のメリットもないルールです。

しかも、修学旅行のお金を盗んだのもこの中にいるという・・・。
動揺している5人でしたが、結局友情を優先させ、参加することに。

第一ステージのルール

ゲーム前にネームプレートが配られます。
これもルールがあるので整理。

●ネームプレートの裏にはデジタルで借金の金額。
●プレートの数字は絶対、他人には見せない。
●見せたらペナルティとして借金が倍
●口で言うのはOK。(嘘言ってもいい)

このネームプレートも、重要な小道具となっていきます。

第一ゲームはこっくりさんゲーム。

●10円玉を5人で指差し、はい、いいえの正解と思う方向へ動かす。
●全員一緒だけ、いうことを聞く。
●一人でも不正解者がいたら、正解にはいかない。
●5問中1問でも正解ならクリア。
●賞金は200万円。
●出題は指名された順番で、一人一回づつ。
●声を出すことは禁止。

●最下位ペナルティは、ゲームオーバー時、借金が一番多い人が全員の借金を負う。

「トモダチを疑わないこと」

マナブくんのアドバイスが不気味・・・。
まあ、でもルール見る限りではチョロいですよね。
そして、四部から問題がスタート。

「日本一高い山は富士山である」こりゃ楽勝?とみんなが思っていたところ・・・。

いきなりの不正解。

思わず叫びそうになる志法を、友一たちが抑えます。
誰かが、いいえにわざと入れている・・・?
まだトモダチを信じたい友一は疑念を打ち消します。

その後、志法、美笠の問題も不正解に終わります。

そして友一の番が来ました。

紙を開けると、「問題は出題者が考えろ」

そして・・・。

「10円玉がいいえに行けば、出題者のみ、借金が半額になる」

えげつないですね?!

出題者は借金が半分に減るので、最下位ペナルティを免れます。
先の3人は自分だけ、いいえに入れて借金を半額にしたのではないか?
黒い仮説が立ちますね。

・・・さあ、ここで黒友一が出てきました。

自分が「はい」に入れればゲーム終了。

終了しても自分は40万しか借金は減らない。
でも、他の奴らは一気に借金を減らせている。

自分が作った借金じゃないのに、なぜ自分だけ我慢しなければならないのか?

とここで、ゆとりちゃんとのエピソードを思い出した、白友一が現れます。

ゆとりちゃんのために、あえて、
「はい」を選ぶ友一。

これでこそ主人公です。

しかし・・・・

不正解でした。。。

友一の借金は減りましたが、ゆとりちゃんに借金を全部被せようとしてる奴がいる、

ということです。
しかも、第5問は借金減額無しの、はい・いいえ選択問題。

問題は・・・

「私たちはこれからもずっと友達だ」

ガツンときましたね!
借金を被せに来ている奴は間違い無く、いいえに入れる。

と、ここで。

「志法のパンツの色知ってる?」

友一が一ページ丸々使って話し始めました。
ペナルティなのでいきなり借金が倍です。

声に出して言ってみろと挑発。
減らした借金が2倍になるので、誰も話せません。

●借金減額に成功した人間がいる
●そいつが、わざとゲームオーバーにしようとしている
●最下位ペナルティを利用し、ゆとりに借金をかぶせようとしている。

しかし・・・

●友一が喋ったので、現在、最下位は友一

そして、ここからがイイところです!

●友一の問題用紙には、

「ルール変更 最下位ペナルティは借金が一番少ないものにかかる」

と書いてあったと告白。
ハッタリで、ペナルティ喰らのはお前だ!裏切り者を追い詰めます。
そして・・・笑顔で逃げ道を差し出すのです。

「この中に裏切り者なんていない」

とにっこり笑って。

やっと5人の方向は揃ってゲームクリアとなりました。
クリアしたことにより、新たなトモダチゲームのルールに友一は気がつきます。

●ゲームをクリアする以外に借金を減らす方法が存在する。
●それは、トモダチを裏切ることで成立する。

そして、みんなの借金の額を聞きます。

美笠  360
四部  360
ゆとり 360
志法  360

みんな同じって事ないですよね?

疑問を持った友一は、他の人の問題用紙を見ますが、特殊条件の文字は消えるインクで消えてしまっているようです。
皆に遅れた友一に近づく志法は、いきなりの告白。
そして、声を出したのがカウントされ、借金が倍になり、現在760万円だった事、協力しあう事を申し出ます。承諾する友一。

しかし・・・それを陰で聞く、美笠。

第二ゲーム 陰口すごろくのルール

一同は第二ゲームへ進みます。
第二ゲームは陰口すごろく。

「友達の隠し事を暴露した人が勝つゲーム」

また悪趣味なのが出ましたね。
ルールは、

●陰口ペーパーを提出→内容公開→神様アンケート→結果発表→コマが決まる。
●陰口は一度に誰のでも、

何度でも書いてもいい。

●誰か一人でもゴールした時点で終了。
●最初にゴールした人間が圧倒的に不利。
●ゴールせずにクリアした人間は、一人につき100万円もらえる。
●第三ゲームには参加しないくてオッケー。
●陰口を書かず、一マスづつ進み全員同時にゴールした場合は、賞金は200万円しかもらえない。

白紙で出した人は圧倒的に不利になる。

●一度ボックスに入ったら、3分は出てこられない。
●嘘を書いたら、バレた場合、トップさせられる。

要するに、友達を売って借金を減らそうという、

どストレートなゲームです。

さて、みんな仲良くゴールしよう作戦をとった友一たちでしたが、止まったマスは借金が増えるマスが多いこと!

たった2マスで60万も借金が増えてしまいました。
ここで、新たなルールが追加されます。

●このゲーム中に増えた借金は、ゴールした人間が全部背負う

友一たち、ちょっとざわつきます。
で、次のターン。

「志法は、友一が好きだ。そんな志法は、昔、美笠と付き合っていた」

友情の中にも微妙な恋愛関係を刺激するような、爆弾投下。
そして、2巻に続きます。

トモダチゲーム一巻の感想とまとめ

一巻の爽やかな掴みから、一気に疑心暗鬼の闇に叩き落とすジェットコースターは見事でした。
伏線も色々とあり、推理する楽しさのある漫画です。

ただ口で言っているだけの借金、デジタルで数字が増えていくだけのお金ですが、

借金という言葉は破壊力がありますね・・・。
友達だったら、借金の理由を聞くことすらタブーなのか!?

とキョドる友一。

のシーンがありましたが、あんたは間違ってないよ!
私だって聞くよ!

だいたい、修学旅行のお金を盗んで、2000万の借金がある人が友達ヅラしてるなんて、ぞっとします。
ところどころにフラッシュバックされている、友一のお金に対するコンプレックスと過去が気になりますね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
にょむ吉

にょむ吉

料理人歴14年の元シェフ。料理に関する免許はふぐ調理師に到るまで取得。イタリアン・和食をずっとやっていましたが交通事故で全部パーに。シェフ業と兼業していた小規模店舗コンサルタント業、トレード業を軸に活動中。

こちらの記事もどうぞ!

-漫画のレビュー

Copyright© 辺境の書架 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.