開運行動を徹底的に実践して、大金持ちを目指す行動日記

辺境の書架

https://monoyado.com

やがて君になる 漫画のレビュー

【電撃大王2016年11月】やがて君になる16話 号砲は聞こえない

更新日:

電撃大王2016年10月号、やがて君になる16話「号砲は聞こえない」になります。

ここまでが単行本「やがて君になる」3巻の収録。
と言うことは・・・最後の数ページに壮大な引きはあるのでしょうか?
紗耶香に二人の関係バレがくるとか!

前回、えらい約束をしてしまった小糸さん。
約束は果たされるのでしょうか?
いつも通りネタバレありなので、注意して下さい。

【 ネタバレ】やがて君になる16話 号砲は聞こえない

 

まだまだ体育祭です。
おっと、喫茶店の店長まで、箱崎先生を応援に来てます。
平日ぶらぶら来れるのは、自営業の特権ですね。

そこで絡むのはもちろん、佐伯先輩。
ごゆっくりと優雅に挨拶して、七海先輩に駆け寄っていきます。

店長、ここで佐伯先輩が好きな人が、七海先輩だと言う事に気がつきます。

『綺麗な子だけど・・・惚れたら苦労しそう』

そうなんです。
面倒くさい人なんですよ・・・。

さて、体育祭もクライマックス。
クライマックスといえば、リレーですね。

このリレールール、すごいですねぇ。
運動部も文化部も、男も女も、全部混ぜちゃってるリレーなんですね!
男子と一緒に女子が走る、とか運ゲーでしょ!

せめて何番走者は女子とかルール決めないと、不公平なのでは・・・。
男子より早い女子もいるとは思うんだけど。

七海先輩とバスケ部の主将は張り合っているようですが・・・この中で元運動部って、ソフトやってた小糸さんくらいしかいないかも。

それでも、健闘する生徒会役員共。

バトンもきちんと佐伯先輩に渡せたし、二人の絆もちょっとだけアップ?

そして、最後の走者、七海先輩に。

う、わー。

この最後の、長い髪をたなびかせて走る七海先輩の美しさに、小糸さん、釘付けです。

もう、何も聞こえません。
ゴールしたのにも、気がつきません。

ああ、これは。
これは、まずい。

先輩をチラ見して、もう心ここにあらずな状態になってしまいます。

その後、何も手につかず、ぼーーーーーとする小糸さん。
心配するこよたち。
本人は、何でもないと誤魔化しますが、何でもなくないですよね。
察しがいい、こよみは何か気がついたかな?

さて、場面は変わって、再び、七海先輩に体育倉庫に連れて来られた小糸さん。
七海先輩、やる気満々です。
まだ二人とも体操着じゃん!

自分からキスをする約束を誤魔化したいのか、小糸さん、好きにしてくれと、投げやりな態度を取ります。

しかし、七海先輩は甘くない。
しっかり覚えていますよ!
違うでしょ、とツッコミを入れます。

そうでしたっけ、と焦る小糸さん。
七海先輩にキスをしようとしますが。

『ここを超えたらいけないことはわかる』

と、ぐっと自制します。
さっきのリレーで半落ちしてたもんなぁ・・・。

「私からするのは、違う。
好きでもないのにするとか、ちょっとどうなんだろう」

と真っ当な事を言います。

「約束したのに!」
と残念がる七海先輩。

「それなら、私の好きにするからね」

と自らキスをしますが・・・。
だ、大丈夫か!?
小糸さんの頭を押さえ込む先輩。
激しいキスに小糸さん、大慌て。
先輩も我に返って、そんな自分にびっくりする始末。

「ご、ごめん!侑が嫌ならもうしない」

と言う先輩に、小糸さん「嫌ではないです」

って・・・えーーーーーー。
まあ、半落ちだからしょうがないよね。

見返りのいらない行為、
優しくされる事、

七海先輩の存在を心地いいと感じ、手放したくないのは、当たり前のことだ、特別なことじゃないと自分を説得する、小糸さん。

早すぎる心臓の音は、自分ではなく、
七海先輩のものだ、と一生懸命、自分を誤魔化してこの号は終了。

 

【感想・レビュー】やがて君になる16話 号砲は聞こえない

 

スイッチが入っちゃったなぁ、

という、この作品の中でも重要なお話でした。

読者的にはニヤニヤな展開ですが、小糸さんにとっては、これから、何が先輩の地雷なのかを探る旅が本格的に始まりそう。

ほら、一歩間違えたら人殺しの目になりますからね、この先輩。

キスの辞退は、ナイス判断。

これは小糸さんが正しいです。
先輩が、受け入れるだけの関係を求めている以上、関係性が壊れる事を察知した小糸さん、賢い子。

しっかし、七海先輩の欲望が止まらない。
これまでずっと、鬱屈としたものを溜め込んでたんだろうなぁと思うようなキスシーンでした。
この人、大丈夫かなぁ。

ここまでが3巻収録なので、何か大きな引きが来るかと思っていましたが、静かに波乱もなく終わったのが、少し拍子抜けするとともに、ほっとしました。

これで、コミック収録最後の回だから、何かがが起きる!という緊張が無くなりますね。
森永みるく先生のガールフレンドなんて、毎巻の最後の引きがすごかった。あの構成力は職人技だったなぁ。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
にょむ吉

にょむ吉

料理人歴14年の元シェフ。料理に関する免許はふぐ調理師に到るまで取得。イタリアン・和食をずっとやっていましたが交通事故で全部パーに。シェフ業と兼業していた小規模店舗コンサルタント業、トレード業を軸に活動中。

こちらの記事もどうぞ!

-やがて君になる, 漫画のレビュー
-,

Copyright© 辺境の書架 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.