開運行動を徹底的に実践して、大金持ちを目指す行動日記

辺境の書架

やがて君になる 漫画のレビュー

【電撃大王2016年2月号】やがて君になる タイトルが秀逸すぎる8話の感想 

更新日:

あまり月刊誌は買わないのですが、気になる漫画があると追いかけてしまうのが、漫画好きの性。

月刊誌って罪なもので、月一回の更新で、気になる引きがあったりすると、一ヶ月悶々としなければいけないのが困る。

さてさて、今回私は電撃大王という雑誌を買ったのですが・・・。

たまたま『この百合がすごいよ!!!」と紹介されて読んでしまったのが、「やがて君になる」というガールズラヴ漫画です。
普段別段、百合漫画だからと言って贔屓はしないのですが、うむ。
いやぁもう。
これは・・・。

「アニメ化に一番近い漫画」ではないでしょうか?

という訳で、単行本+月刊誌個別で追いかけますよ!
基本的にはネタバレしてますので、ダメな方はブラウザを閉じてくださいね。

 

やがて君になる 第8話 選択問題

 

試験が終わるまで、生徒会の活動はお休みに。
先輩との事情を知っている槇君に冷やかされたりしながら、下校する小糸さんですが、側から見ると仲よさそう。

じっと影からその二人を見ている先輩が・・・!
若干勘違い気味の視線ですが、あなたの事を話しているんですよー。

授業中も好きの意味を考えて、勉強が手につかない小糸さん。
槇君に「ちゃんと七海先輩のこと好きなんだね」と言われた件ですが、

●危なかっしい
●それを知っている人が他にいない
●だから、心配。

結論=相手が七海先輩じゃなくても同じようにしていた・・・・・って!あんたキスとかできるんかい!とツッコミを入れたくなりましたが、小糸さんの中では、

だから、好きとは違うという結論。

心ここにあらずな小糸さんと同じく、
こよみさんは授業中爆睡しています。

原因は寝る時間を削って新人賞の原稿を書いており、
小糸さんに感想を求めます。
あ、そういえば、小糸さんちは本屋さんだったっけ。
試験前に仕上げるなんて、こよみさんは仕事ができる子だ。

テスト前に図書館で勉強をしたい小糸さん。
あかりとこよみを誘いますが、どっちも釣れず。
通りがかかった槇君を捕まえますが、そこに先輩が・・・。

うん!槇君、できる子だね!
遠慮して、ささっと消えて行きました。
百合男子はこうあるべき。

で、七海先輩と小糸さんは図書館で勉強することになりますが・・・。

これまた、先輩は愛の力で悩んでいるタイミングでズバリ声をかけて、距離を詰めて行きます。さすが!

下心ありありの先輩だけど、学年一位の家庭教師にみてもられるのは、小糸さんにとってもメリットがある訳なのですが、

貰いっぱなしで落ち着かない・・・
という小糸さんはいい子だなぁ。

それを、さらりと無償の愛という先輩。
そこから毎日勉強することになった二人ですが・・・。

ある時、先輩は同級生との誘いを断って、
小糸さんの方へ駆けてきます。

臆面もなく、
「小糸さんといるのがいい」
と笑う七海先輩。

『選ばれるのが、嬉しくない訳じゃない』

という、少しの変化が小糸さんの中に生まれます。

そんな中、試験が近づくにつれ、図書館が混んできます。
並んで座れる席がなさそうで、困る二人。

そこで・・・なんと小糸さんが。

「先輩。家でやります?

と突然の大型フラグを立てます!!!

「え!?」

と動揺する先輩の引きで今月は終了。

→行く?
逃げる?

まさに選択問題。

 

やがて君になる 第8話の感想

 

まじかー!
なんという引き!!!
いきなりの家イベント発生ですか!

これは次号も買わなきゃダメじゃないですか・・・。
これだから月刊誌は・・・一度買い始めると、抜け出せなくなるから困る。

まず、タイトルが秀逸ですね。

「選択問題」

誰かに選ばれること。
誰かを選ぶこと。

そして家に行く?行かない?

様々な選択肢をぶっ込んできました。

相変わらず、鳰先生は空気感を描くのが上手!
問題がわからない小糸さんのコマ割りから、先輩がさりげなーく距離を詰める所までが素晴らしいです。

あれ、先輩絶対に自分の勉強手についてないですよ。
こんな事じゃ、次の試験佐伯先輩に負けちゃうよ!

今回は前半と後半で少しだけ、小糸さんの心のベクトルに変化が現れます。

前半は自分をお人好しと評し、

「相手が七海先輩じゃなくても、同じようにしていたと思う。
だから、違う」

に対し、後半では、
同級生よりも自分を選ぶ先輩に対し、

「自分は選ばない。
どきどきも浮かれたりしない。
でも」

「選ばれるのが嬉しくない訳じゃない」

自分は選ばないけど、
自分を選んでくれる先輩。

前半のフレーズに重ねるように、心境がリフレインしていきます。うまいなぁ。

で、やはり恋愛漫画の山とも、一大イベントとも言う、お家イベント!!!
でも・・・小糸さん、いくら慣れるとはいえ、この先輩、家に入れちゃって大丈夫なのか!?

こりゃ、次回も購入決定です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
にょむ吉

にょむ吉

料理人歴14年の元シェフ。料理に関する免許はふぐ調理師に到るまで取得。イタリアン・和食をずっとやっていましたが交通事故で全部パーに。シェフ業と兼業していた小規模店舗コンサルタント業、トレード業を軸に活動中。

こちらの記事もどうぞ!

-やがて君になる, 漫画のレビュー
-,

Copyright© 辺境の書架 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.